スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古民家めぐり6

こんにちは。毎日雨ばっかりですね。お盆前のあの猛暑いったいなんだったのか・・・と思う方も多いのではないでしょうか。
ここまで急に寒くなると体調崩し易いのでお気を付けください。

さて、前回は「うなぎ東海亭」さんをご紹介しましたが、お店を出て徒歩数分の「警察資料館」にやってきました。

この脇には火の見やぐらみたいなのが有って、写真を撮っていると真向かいの商店のお母さんに声を掛けられて見せて頂いたのがこちら。
t78.jpg
「雪印バター」って書いてるこれ何だと思います?
t77.jpg
開けてみた図。これは昔の「冷蔵庫」なんです!上の段に氷入れて、下の段に食材を入れると
冷えた空気が下に貯まるので良く冷える訳ですね。
分厚い筐体の壁の中に仕込まれてる断熱材の方が気になるのは職業病かもしれません(笑)。

おっと!そういえば警察資料館を見に来たの忘れるところでしたね。
t68.jpg
入るとスグに年代物のパトカーと白バイがお出迎えです。
t70.jpg
t69.jpg
黒一色な内装が時代を感じますね~。白バイの方はホンダのCB750?系がベースと思われます。
現代の白バイと比べると小さい感じでしょうか。
t72.jpg
独房入口。
t71.jpg
その内部。
t74.jpg
「犯罪者写真撮影装置」。って普通のカメラと何かちがうのでしょうかね~。
t75.jpg
登米警察署庁舎の看板が外にありました。この看板の屋根にまでスレート瓦が使われてますね。

t79.jpg
で先ほどのスレート瓦は登米の特産のひとつ、「玄昌石」がなんですがそれらを展示、紹介しているのが「玄昌石の館」です。
最近だと改装した東京駅丸の内駅舎の屋根に使われているので話題になりましたね。
t83.jpg
上の写真のモザイク材は水沢県庁の敷地内にも敷かれてましたね。
t81.jpg
この玄昌石の館自体も凝ったつくりになっていて見事な角錐形の屋根形状の中が吹き抜けになっていて印象的でした。
t84.jpg
丸の内駅舎に採用された時の新聞記事。

こちらも中々見応えの有る内容でしたね。この界隈、普段は車で通りすぎるだけの感じでしたが改めてみると発見する事が多いので良い機会でした。
さて、次回でいよいよ古民家めぐりもラストになる予定です。

ではまた。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファミリ工房東北 大谷

Author:ファミリ工房東北 大谷
宮城県仙台市のリフォーム、リノベーション専門店「ファミリ工房東北」の営業、プランナー担当の大谷と申します。
20歳からリフォーム業に携わって今年で早20年になります。
これまでの経験やアイデアを生かしてあなたの夢のスタイルを創ります!
ここでは日々の活動や役立つ情報をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。