FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数値化

こんにちは!早いもので次の週末からはゴールデンウィークですね~、
あれ?もしかしたもうすっかりGWな羨ましい方もいらっしゃるのかな?
そんななか、今日もバリバリ営業中のファミリ工房東北です^^;


さて、写真は先日伺ったお客様宅での一コマです。
何かデカいバズーカ砲みたいな物が置いてありますが決して物騒なものではありません(笑)。

これは建物の「気密測定」する機械なんです。
別角度から・・・
kimitu1.jpg
手前にスイッチ沢山付いた箱がありますね~、発射ボタン・・・ではなくて操作盤ですね。

この機械で空気を引っ張って床面積1平米辺りにどれくらいの隙間が建物に有るか?を測定します。
最近に住宅は「高気密・高断熱」がウリですが、少し費用は掛かりますがこうやって調べると安心ですね。

ちなみにこちらのお宅は他社様で15年くらい前に新築されたお宅です。2×6住宅なので良い数字が期待できそう~♪

で・・・結果発表! C値=0.9! 素晴らしい性能だと思います。
ちなみC値5.0以下は全て気密住宅と言われます。
宮城県での性能要求値は5.0なのですが、現在の高気密新築住宅では2.0以下にしたいところですね。
1.0前後とれていれば完璧と呼べるかと思います。

また、夏と冬に計測すると数字が多少変化するようですね。
(夏は気密性が高めで、冬は低めにでる)
また、新築後1から2年で多少性能が落ちてその後は安定するという研究結果もあるみたいですが、そう考えると今回、15年経過してこの結果は良かったと思います。

あまり住宅性能って数字化して見えづらい事が多いですが、こうやって数字になるとやはり安心ですよね。
リフォームでも性能高める事は可能なので、「隙間風で冬寒いんだよな~」っていう方は是非ご相談下さい。

それではまた。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ファミリ工房東北 大谷

Author:ファミリ工房東北 大谷
宮城県仙台市のリフォーム、リノベーション専門店「ファミリ工房東北」の営業、プランナー担当の大谷と申します。
20歳からリフォーム業に携わって今年で早20年になります。
これまでの経験やアイデアを生かしてあなたの夢のスタイルを創ります!
ここでは日々の活動や役立つ情報をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。